こんなパートナーはモラハラかもしれません

  • 自己中心的な考えを持つ
  • マイルールを押し付けようとする
  • 都合の悪いことがあると貴女のせいにしてくる
  • 話術に長けている
  • 嘘を平気でつく 
  • 相手を認めない
  • 共感性が低い
  • 上から目線。人を見下している
  • 話し合いができない
  • 細かい、こだわりが強い
  • 被害者と考える、罪悪感を持たない
  • 恩に着せる(恩を着せられるのは嫌)
  • 「貴女の為を思って」と言う言葉で貴女に罪悪感を感じさせる
  • 外面が良い
  • 勝ち負けにこだわる
  • 何をしても、何を選んでも否定される
  • 無視をする 
  • ハネムーン期とモラハラ期で相手を振り回す
  • 被害者の周りの人間を否定する。

 

いかがですか?

当てはまることが多いパートナーなら

きっと貴女は今つらいはず。

 

貴女のパートナーは

もしかしたらモラハラかもしれません。

 

 

モラハラは精神的な暴力と言われ

身体的な暴力がない分、貴女も自覚しづらく周りに気づかれないことも多いです。

 

また言葉の暴力と言われることもありますが、

静かなモラハラと言われている

怒鳴ったり、暴力的な言葉を使わないタイプの場合は

辛くても苦しくても

「彼が怒るのは私が悪いから」

「彼は本当は優しい人だから・・」

と我慢してしまいやすいです。

 

 

パートナーを信じたい気持ちは

もちろん大切ですが、

もし貴女が苦しい状態だったら

そんな自分のことを無視はしないでくださいね。

 

 

 

読んでいたらモラハラの悩みから抜け出せた!

という声を多数いただいているメルマガ登録は⏬から

メルマガでも無料小冊子プレゼント!

image

「モラハラに気づいたら始める5つのこと」小冊子プレゼント

ラインに登録して受け取ってくださいね。

友だち追加
LINE ID @zkp0262r

1)ボタンを押すとLINEに移動
2)「追加+」を押す
3)プレゼントを受け取る!!
↑↑

 

YouTubeでたくさんの方に見ていただいている動画「話し合いができない」⏬

 

モラハラとは・・・

モラルハラスメントのこと。モラル(道徳)による精神的な暴力、嫌がらせのこと。

フランスの心理学者 マリー=フランス・イルゴイエンヌが提唱した言葉。

 

・加藤諦三(社会学者)

自分がない人は、「自分の心の葛藤を、他人を巻き込んで解決する人」である。

モラハラ加害者は、見せかけの愛で相手を苦しめる人。

 

 

モラハラは貴女を精神的に支配していきます。

すると、貴女は納得がいかなくても、意見が違っても

彼に言い返したり、拒否することが難しくなってしまうのです。

 

 

モラハラの特徴はこんな意味があります

 

自己中心的な考えを持つ。

マイルールを押し付けようとする。

話術に長けているのでマイルールに誘導する事が出来る。

まるで相手に自分から決めさせてしまう流れになりやすい

 

共感性が極端に低い

しかし社会的な立場に置いては共感する意見をもてる

近い存在の人に共感されないと孤独が強くなってしまう

 

上から目線

人を見下している

表面上は常識的な発言をするが女性蔑視の考えが強い。

被害者は自分の可能性がだんだんと感じられなくなっていきます

 

話し合いができない

追いつめられると「無駄だ」と「意味がない」と言って避ける。

信頼関係を築けない

 

・何をしても、何を選んでも否定される

被害者は自分で選べなくなる 自分軸がなくなっていきます

 

相手を不安にさせておいて、自分が助ける

彼への依存が深くなる

 

無視をする

相手を不安にし、自分から離れないようにさせる

 

子供への執着

味方に付ける為。また世間の立場を保つ為など。

 

・ハネムーン期とモラハラ期で相手を振り回す。

相手のメンタルが不安定になり、支配関係が強くなる

 

被害者の周りの人間を否定する

相手の家族や友達をバカにしたり否定することで

彼への依存が強くなる

 

など・・・・

 

 

モラハラで悩んでいる貴女はどんな状態ですか?

 

◇彼だったら何を望むのか?

◇彼が怒らないように・無視されないように・否定されないようにするにはどうしたらいいのか?

 

自分の本当の気持ちを押さえ込み、

彼を伺ってばかりの毎日になります。

 

なのに彼からは否定、見下しの嵐。

 

そのうち、貴女は1人で考えるのさえ不安になり、

”自分のしたいこと”や”何を選びたいのか”さえ分からなくなってしまいます。

 

我慢の限界がきて彼に対抗しようとしても、

貴女は自分を認める力が弱っているので、

結局は彼の話術にうまく丸め込まれてしまうでしょう。

 

そして自分に罪悪感を持ち、

必要のない謝罪を彼にすることにもなるかもしれません。

 

読んでいたらモラハラの悩みから抜け出せた!

という声を多数いただいているメルマガ登録は⏬から

メルマガでも無料小冊子プレゼント!

image

 

 

「モラハラに気づいたら始める5つのこと」小冊子プレゼント

ラインに登録して受け取ってくださいね。

友だち追加
LINE ID @zkp0262r

1)ボタンを押すとLINEに移動
2)「追加+」を押す
3)プレゼントを受け取る!!
↑↑

 

 

↓ご相談はこちらから

カウンセリングはこちら

 

 

 

 

モラハラは貴女だけでなく

誰でも関わってしまう可能性があるものです。

 

ですが、

モラハラ関係が続きやすい、繰り返す場合

は被害者になりやすい人の共通点を知っておくことで

被害を続けにくくなります。

 

 

◯モラハラの被害者になりやすい人の特徴

モラハラに悩む貴女はいかがですか?

 

・周りが貴女を評価しているにも関わらず自分に自信がない。

または評価を受け入れられない。

 

・(どうせ私なんて・・)という気持ちがあるー

自分の価値、存在を低く感じやすい。

 

嫌われたくない気持ちが強い。

 

人の役に立つ事に喜びを感じる。

 

人の意見に流されやすい。あまり自己主張しない。

 

空気を読む事に長けている。

 

共感性が高いので、相手の問題に入り込み過ぎる事も。

 

感受性が強い。熱しやすく冷めやすい。

 

・自分で決めるより、人に決めてもらう事が多い。安心する。

 

人を信用し過ぎる。裏切られると絶望してしまう。

など・・・

 

 

被害者は”誰かの役に立ちたい。与えたい”という欲求を持っている傾向があるようです。

ですから、モラハラな人に、”何が欲しいのか、何を望んでいるのか。”という事を探り提供し、そこに喜びを感じやすいです。

 

これは、自分を満たす為に相手を必要とする『共依存』の可能性があり、

 

「彼は優しい所もあるし・・」

「本当は彼も苦しいから・・」

 

と、モラハラ関係を自覚しながらも離れられないことも多くあります。

 

 

モラハラのお話しています。
ブログはこちらから!。

 

 

 

◇モラハラ加害者、被害者共に、

持って生まれた性格に加え、

経験や環境により観念(刷り込み、思い込み、信じるもの)が

モラハラ関係を生み出す一つの原因になります。

 

モラハラ関係は

加害者と被害者がいて成立しているものです。

 

 

モラハラ関係から抜け出すには、

「被害者から抜け出す事」とも言えます。

 

被害者の体質が悪い訳ではありません。


生き辛い部分があれば、

その事に気がつき思考を変え、

良い部分を活かしましょう!

 

モラハラ被害者は思いやりがあり、

優しく相手を思いやれる女性です。

 

その優しさや思いやりを、

これからは自分に与えていきましょう。

 

自分の価値は他人が決めるのではなく、

自分で決めることができるのですよ。

 

 

「モラハラに気づいたら始める5つのこと」小冊子プレゼント

ラインに登録して受け取ってくださいね。

友だち追加
LINE ID @zkp0262r

1)ボタンを押すとLINEに移動
2)「追加+」を押す
3)プレゼントを受け取る!!
↑↑

カウンセリングはこちら

 

 

ブログはコチラから

 

読んでいたらモラハラの悩みから抜け出せた!

という声を多数いただいているメルマガ登録は⏬から

メルマガでも無料小冊子プレゼント!

image

 

カウンセリングはこちら